本文へスキップ
横浜本牧絵画館ロゴ

What's New


2021年7月
当面のスケジュール
トロンプルイユの現在(いま) 2021展は終了しました。
7月20日(火)~25日(日)     展示替休館
7月26日(月)~8月1日(日)    常設展簡易版(7月27日は休館)
8月2日(月)~6日(金)       展示替休館
8月7日(土)~22日(日)     丸山健太と「黒猫の美術教室」
                (8月10日、8月17日は休館)
8月23日(月)~9月3日(金)    夏季休館
9月4日(土)~10月3日(日)    常設展
10月4日(月)~15日(金)     展示替休館
10月16日(土)~翌1月16日(日) 「ダブルポートレイトー描かれた人形」

作家・研究者支援について
当館では、美術作品の制作活動及び研究活動を続けようとされている志をもった方々に、制作・研究の成果を公表する場を確保し、また、制作・研究を継続できる環境を確保するための支援を行います。詳細については 作家・研究者支援 をご覧ください。

第2回(2019年度)「作家・研究者支援」プログラム支援対象者である丸山健太氏と「黒猫の美術教室」の展示を2021年8月7日(土)~8月22日(日)の期間開催します。詳しくは「展示・催事案内」の次回展のご案内をご覧ください。


2021年7月
岩田榮吉の世界ボタン_s 作品点描に ランプのモチーフ(その2) を追加。


岩田榮吉の世界ボタン_s「岩田榮吉の世界」の更新。




2021年6月
トロンプルイユの現在(いま) 2021」2021年4月17日(土)~7月19日(月・祝)開催中です。
「トロンプルイユの現在(いま) 2021」展の様子を動画にいたしました(70秒)。ご覧ください。

作家・研究者支援について
当館では、美術作品の制作活動及び研究活動を続けようとされている志をもった方々に、制作・研究の成果を公表する場を確保し、また、制作・研究を継続できる環境を確保するための支援を行います。
2021年10月31日までに、神奈川県に関係する方・団体等の、具象絵画に関する作品発表申請書または研究発表申請書など必要書類を、郵送にてお送りください。詳細については 作家・研究者支援 をご覧ください。

2021年6月
岩田榮吉の世界ボタン_s 作品点描に ランプのモチーフ(その1) を追加。


2021年5月
トロンプルイユの現在(いま) 2021」2021年4月17日(土)~7月19日(月・祝)開催中です。

「トロンプルイユの現在(いま) 2021」展の図録を作りました。一部300円で好評発売中です。A5版の大きさで、本展出品22作の図版と出品作家8名の略歴を載せています。ご鑑賞の思い出に是非どうぞ。

2021年5月
岩田榮吉の世界ボタン_s 作品点描に 《日本人形(トロンプルイユ)》 を追加。
《日本人形(トロンプルイユ)》は、「トロンプルイユの現在(いま) 2021」展のメインイメージです。是非お読みください。

フランス語版ウェブサイト(L'Art d'Eikichi Iwata) のトップページを更新しました。


2021年4月
トロンプルイユの現在(いま) 2021」2021年4月17日(土)~7月19日(月・祝)を開催いたします。

「絵筆のアクロバット」を超えて
トロンプルイユの現在(いま)2021 ― 展示にあたって
2019年に引続き、2回目のトロンプルイユ展を開催いたします。出品作家は前回の5名から、今回新規に3名の方々のご参加をいただき8名となり、それぞれのアプローチの面白さを味わっていただくとともに、志向する方向の共通点も浮び上って、「トロンプルイユの現在(いま)」をよりよくご理解いただけるものと思います。
「だまし絵」と訳されることの多いトロンプルイユですが、トロンプルイユは「だます」ことを主眼とせず、ただ額縁の中に別世界を構成する写実絵画とも違い、質感描写と遠近表現の追求を基本に、見る人の居る空間とつながっているかのような絵画空間を現出させます。トロンプルイユには、絵画の伝統を踏まえた高度な制作技法が必要なのです。
しかし、高度な技巧をアクロバチックに誇示するだけでは、作品に嫌みが増すばかりです。当館のメインコレクション作家である岩田榮吉は、トロンプルイユとは「絵として非常に良いものを作ろうとした」結果でなくてはならないと語っています。2019年の前回に引続き、「絵筆のアクロバット」を超える様々な取組みをお楽しみいただければ幸いです。

2021年4月
岩田榮吉の世界ボタン_s 人物点描に オルドゥネール通りから(その3 マティニョン通り21番へ) を追加。


2021年3月
3月22日(月)より展示を再開いたします。
当面のスケジュールは以下のとおりです。
3月22日(月)~4月4日(日) 常設展「横浜本牧と絵画」(3月23日(火)および30日(火)は休館)
4月5日(月)~16日(金) 展示替え休館
4月17日(土)~7月19日(月・祝) 「トロンプルイユの現在(いま)2021」展(毎週火曜休館)

展示・催事案内に次回展の案内「トロンプルイユの現在(いま) 2021」2021年4月17日(土)~7月19日(月・祝)を追加したしました。

展示・催事案内に常設展の案内「横浜本牧と絵画」を追加したしました。また、常設展の様子を動画にいたしました(3分)。ご覧ください。

2021年3月
岩田榮吉の世界ボタン_s 人物点描に オルドゥネール通りから(その2 ルーヴル美術館へ) を追加。


2021年2月
第3回(2020年度)「作家・研究者支援」プログラムによる支援対象者の決定
下薗博昭氏・友清大介氏に決定しました。詳細は作家・研究者支援をご覧ください。
第4回については、2021年6月頃に支援対象者の募集を開始する予定です。

2021年2月
岩田榮吉の世界ボタン_s 人物点描に オルドゥネール通りから(その1 モンマルトル界隈のこと) を追加。


2021年1月
臨時休館のお知らせ
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、横浜本牧絵画館は「岩田榮吉の世界 様々にある風景」会期終了後1月25日(月)より当面の間、臨時休館いたします。
再開の予定につきましては、本ウェブサイトにて随時ご案内申し上げます。
お客様のご理解・ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

2021年1月
岩田榮吉の世界ボタン_s 作品点描に 額縁とトロンプルイユ を追加。


2020年12月
岩田榮吉の世界 様々にある風景」2020/10/24(土)~2021/1/24(日)を開催中です。

2020年12月
岩田榮吉の世界ボタン_s 人物点描に 長尾廣吉の額縁 を追加。


2020年11月
岩田榮吉の世界 様々にある風景」2020/10/24(土)~2021/1/24(日)を開催中です。「会場の様子」を追加しました。

2020年11月
岩田榮吉の世界ボタン_s 作品点描に 時計と時(その3 時の小箱とは) を追加。


2020年10月
岩田榮吉の世界 様々にある風景」2020/10/24(土)~2021/1/24(日)を開催いたします。
岩田榮吉と風景画
岩田榮吉は、ヨーロッパ絵画の伝統を深く理解し、写実的な細密表現の静物画を中心に独自の絵画世界を追求した画家である…といって大きな間違いはないでしょう。ところが風景画に関してはそうしたイメージにそぐわない「謎」があります。まず、残された油彩の風景画に写実的表現のものがないこと。次にフェルメールの《デルフトの眺望》に大きな感銘を受けながら、実見の数年後から風景画を描かなくなってしまうこと。そして晩年、20数年のブランクの後に再び風景小品を残していることです。今回の展示では、岩田にとって風景画とは何だったのかに迫ります。

2020年10月
岩田榮吉の世界ボタン_s 作品点描に 時計と時(その2 三種の時計が示すもの) を追加。


2020年9月
当面のスケジュールについてのお知らせ
9月2日~10月上旬   常設展
(9月9日(水)~11日(金)は設備改修工事のため臨時休館)
展示・催事案内に次回展の案内「岩田榮吉の世界 様々にある風景」を追加したしました。

2020年9月
岩田榮吉の世界ボタン_s 作品点描に 時計と時(その1 描かれた時計) を追加。


2020年8月
当面のスケジュールについてのお知らせ
長谷川潔から岩田榮吉へ/静寂の形象(かたち)」展は終了しました。
8月11~14日    展示替え休館
8月15~24日    常設展、ただし18日(火)は休館
8月25日~9月1日  夏季休館
9月2日~10月上旬   常設展(9月9日(水)~11日(金)は設備改修工事のため臨時休館)

2020年8月
岩田榮吉の世界ボタン_s 人物点描に 風景画封印の「謎」 を追加。


2020年7月
長谷川潔から岩田榮吉へ/静寂の形象」展開催中です。

2020年7月
岩田榮吉の世界ボタン_s 人物点描に 絵の味 を追加。


2020年6月
作家・研究者支援について
当館では、美術作品の制作活動及び研究活動を続けようとされている志をもった方々に、制作・研究の成果を公表する場を確保し、また、制作・研究を継続できる環境を確保するための支援を行います。
最近では第3回の受付(2020年10月末日まで)が完了して、現在審査中です。詳細については 作家・研究者支援 をご覧ください。

2020年6月
岩田榮吉の世界ボタン_s 人物点描に 画家の生き方(その2) を追加。


2020年5月
一般観覧再開のお知らせ
新型コロナウィルス感染拡大防止のため臨時休館しておりましたが、2020年5月30日(土)より再開いたします。また、「長谷川潔から岩田榮吉へ/静寂の形象」展は会期を8月10日(月・祝)まで延長いたします。その他展示概要については展示・催事案内をご覧ください。

横浜市からのお知らせ
横浜市では新型コロナウイルス感染拡大防止対策に伴い、活動や表現の機会が減少している等、影響を受け、経済的にも厳しい状況にある芸術家や文化芸術関係者等に対して、臨時相談センターの開設、横浜市文化芸術応援プログラムの創設等の支援策を実施します。
詳しくはhttps://covid19.yafjp.org/をご覧ください。

2020年5月
岩田榮吉の世界ボタン_s 人物点描に 画家の生き方(その1) を追加。

ウェブサイトの構成を手直ししました。トップページをブックマークにしている方は変更ありませんが、「岩田榮吉の人物と経歴」「岩田榮吉の作品」の各ページをブックマークにご登録頂いている方は、お手数をお掛けいたしますが、変更をお願いいたします。


2020年4月
臨時休館のお知らせ
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、横浜本牧絵画館は当面の間、臨時休館いたします。
再開の予定につきましては、本ウェブサイトにて随時ご案内申し上げます。
お客様のご理解・ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

2020年4月
岩田榮吉の世界ボタン_s 作品点描に 作品とタイトル(その2 《三つの時》《人形と鳥》) を追加。


2020年3月
臨時休館延長のお知らせ
新型コロナウイルスによる感染拡大防止のため、2020年3月1日から3月31日まで臨時休館してまいりましたが、流行の現状を鑑み、休館期間を4月17日まで延長することとなりました。4月18日以降の予定につきましては、当館ウェブサイトにて、あらためてお知らせいたします。
お客様のご理解・ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

2020年3月
岩田榮吉の世界ボタン_s 作品点描に 作品とタイトル(その1 類型) を追加。


2020年2月
第2回(2019年度)「作家・研究者支援」プログラムによる支援対象者の決定
黒猫の美術教室(代表者・丸山健太氏)
に決定しました。詳細は作家・研究者支援をご覧ください。
第3回については、2020年6月頃に支援対象者の募集を開始する予定です。

当面のスケジュールについてのお知らせ
「作家・研究者支援プログラム」第1回展示「鳥越一穂 銅板油彩画の制作」は終了しました。
2月25日(火)~2月29日(土) 展示替えのため臨時休館
3月1日(日)~4月5日(日) 常設展
4月6日(月)~4月17日(金) 展示替えのため臨時休館
4月18日(土)~7月20日(月) 「長谷川潔から岩田榮吉へ 静寂の形象(かたち)」展開催
(火曜定休)

2020年2月
岩田榮吉の世界ボタン_s 人物点描に 銅版画制作用具のメモ を追加。


2020年1月
「生誕90年―岩田榮吉の足跡」2019/10/19(土)~2020/1/20(月)は終了しました。
当面のスケジュールについてのお知らせ
2020年1月20日(月)        「生誕90年 岩田榮吉の足跡」展終了
2020年1月21日(火)~23日(木)   展示替えのため臨時休館
2020年1月24日(金)~2月2日(日)  ダイジェスト版常設展
                 (パネルのみの小規模展示となります。)
2020年2月3日(月)~2月7日(金)  展示替えのため臨時休館
2020年2月8日(土)~2月24日(月)  「鳥越一穂 銅板油彩画の制作」展開催
2020年2月25日(火)~2月29日(土) 展示替えのため臨時休館
2020年3月1日(日)~        通常版常設展

2020年1月
岩田榮吉の世界ボタン_s 人物点描に 《人形と鳥》(その2 構図と背景の「黒」) を追加。


2019年12月
「生誕90年―岩田榮吉の足跡」2019/10/19(土)~2020/1/20(月)を開催中です。

2019年12月
岩田榮吉の世界ボタン_s 人物点描に 《人形と鳥》(その1) を追加。


2019年11月
「生誕90年―岩田榮吉の足跡」2019/10/19(土)~2020/1/20(月)を開催中です。

2019年11月
岩田榮吉の世界ボタン_s 人物点描に 第1回個展(その3) を追加。


2019年10月
「生誕90年―岩田榮吉の足跡」2019/10/19(土)~2020/1/20(月)を開催いたします。
展示に寄せて 岩田榮吉姪・武田春子
岩田が健在なら本年は90歳を迎えます。岩田がフランスに留学した時、私は5歳でした。当時はまだ飛行機が珍しく、多くの方が見送りに来て下さる中、大きな花束を抱えて颯爽と出発する姿は、半世紀以上過ぎた今でも忘れ難い思い出となっております。
18年ほど前に、ルーブル美術館の研究員から岩田の遺品について照会があり、手付かずであった遺品の整理を行いました。フランス語が堪能で交流も広かったため、数年かかりましたが、漸く短いながら充実した岩田の人生の全貌が見えてきました。
御来場の皆様にその一端が御理解いただければ幸いに存じます。

2019年10月
岩田榮吉の世界ボタン_s 人物点描に 第1回個展(その2) を追加。


2019年9月
臨時休館のお知らせ
2019年10月7日(月)~10月18日(金)の期間は展示替えのため休館いたします。
10月19日(土)からは「生誕90年―岩田榮吉の足跡」2019/10/19(土)~2020/1/20(月)を開催いたします。
展示・催事案内に次回展の案内 「生誕90年―岩田榮吉の足跡」 を追加したしました。ご覧ください。

2019年9月
岩田榮吉の世界ボタン_s 人物点描に 第1回個展(その1) を追加。


2019年8月
当面のスケジュールについてのお知らせ
「トロンプルイユの現在(いま) 2019」展は終了しました。
~8月26(月)       常設展
8月27日(火)~9月1日(日) 夏季休館
9月2日(火)~10月上旬   常設展
10月19日(土)~      「生誕90年 岩田榮吉の足跡」展開催

2019年8月
岩田榮吉の世界ボタン_s 人物点描に パリ・1968年頃の展覧会事情 を追加。


2019年7月
当面のスケジュールについてのお知らせ
「トロンプルイユの現在(いま) 2019」展は終了しました。
7月22日(火)~30日(火) 展示替えのため臨時休館
7月31日(水)~10月上旬 常設展
10月19日(土)~     「生誕90年 岩田榮吉の足跡」展開催

2019年7月
岩田榮吉の世界ボタン_s 作品点描に 「王様」(その2) を追加。


2019年6月
作家・研究者支援について
当館では、美術作品の制作活動及び研究活動を続けようとされている志をもった方々に、制作・研究の成果を公表する場を確保し、また、制作・研究を継続できる環境を確保するための支援を行います。詳細については 作家・研究者支援 をご覧ください。

トロンプルイユの現在(いま) 2019」2019/4/20(土)~7/21(日)を開催中。

2019年6月
岩田榮吉の世界ボタン_s 作品点描に 「王様」(その1) を追加。

フランス語版ウェブサイト(L'Art d'Eikichi Iwata) を公開しました。
日本語版、英語版のURLは変更ありません。


2019年5月
トロンプルイユの現在(いま) 2019」2019/4/20(土)~7/21(日)を開催中。会場の様子」に写真を加えました。

2019年5月
岩田榮吉の世界ボタン_s 作品点描に 《人形と城》 を追加。


2019年4月
トロンプルイユの現在(いま) 2019」2019/4/20(土)~7/21(日)を開催いたします。
当館のメインコレクション作家である岩田榮吉(1929-82)は、ヨーロッパ絵画の伝統である写実的な細密表現を追求し、そのひとつの到達点としてトロンプルイユを手がけました。日本人の画家としては先駆的な存在です。
岩田がフランスで志を同じくした画家たちのグループは現在にまで続き、また日本においても、決して多くはないものの、トロンプルイユを志向する画家たちが、それぞれの境地を開こうとしています。
今回はそうした流れをあらためて振り返り、いささかでも現代のトロンプルイユをめぐる状況を把握したいと思います。そして願わくは、さらに多くの参加を得て、今回の展示のさらなる発展を目のあたりにしたいものです。

2019年4月
岩田榮吉の世界ボタン_s 人物点描に 「リリー・マルレーン」 を追加


2019年3月
展示・催事案内の次回展 「トロンプルイユの現在(いま) 2019」 にチラシ(PDF)を追加。

2019年3月
岩田榮吉の世界ボタン_s 作品点描に 《十字架の人形》 を追加。


2019年2月
横浜本牧絵画館では、志をもって美術創作活動及び研究活動を続けようとされている方々に、制作・研究の成果を公表する場を確保し、また、制作・研究を継続できる環境を確保するための支援を行っています。
「作家・研究者支援」についての新ページを作りました。支援対象者の決定については、作家・研究者支援ご覧ください。

2019年2月
岩田榮吉の世界ボタン_s 人物点描に 朝日ジャーナル 1971年3月26日号 を追加


2019年1月
臨時休館のお知らせ
2019年1月22日(火)~2月5日(火)の期間は展示替えのため休館いたします。
その後、2月6日(水)からは常設展示、
4月20日(土)からは「トロンプルイユの現在(いま) 2019」2019/4/20(土)~7/21(日)を開催いたします。

2019年1月
岩田榮吉の世界ボタン_s 作品点描に とんがり帽の自画像 を追加


2018年12月
岩田榮吉の世界ボタン_s 人物点描に 日本館時代~転機(その3) を追加


2018年11月
岩田榮吉の世界 フェルメールへの憧憬」2018年10月20日(土)~2019年1月21日(月)を開催中です。
次回展の案内「トロンプルイユの現在(いま) 2019」2019年4月20日(土)~7月21日(日)についてもご覧ください。

2018年11月
岩田榮吉の世界ボタン_s 人物点描に 日本館時代~転機(その2) を追加


2018年10月
岩田榮吉の世界 フェルメールへの憧憬」2018年10月20日(土)~2019年1月21日(月)を開催いたします。
今日のように、広くフェルメールが知られていなかった1950年代末から、その足跡を追い、そして学んだ日本人画家の一人が岩田榮吉です。その時代背景、自作に活かすために学んだポイントなどを手掛かりに、渡仏後1960年代以降の作品を見直します。あわせて、画家仲間うちでも有名だった岩田のフェルメールへの傾倒ぶりを示す参考作品・資料も展示します。

2018年10月
岩田榮吉の世界ボタン_s 人物点描に 日本館時代~転機(その1) を追加


2018年9月
岩田榮吉の世界ボタン_s 作品点描に 失われた時を求めて(その4 《紫の瞑想》とは) を追加


2018年8月
お知らせ
横浜本牧絵画館はhttpsサイトをオープンしました(常時SSL化)。
以前のサイトは8月末でアクセスできなくなりますので、今後は以下のサイトにお願いします。
https://www.yh-g.org/
ブックマーク等にご登録頂いている方は、お手数をお掛けいたしますが、変更をお願いいたします。

2018年8月
岩田榮吉の世界ボタン_s 作品点描に 失われた時を求めて(その3 なぜ「レアリテ」か) を追加

お知らせ
「岩田榮𠮷の世界」もhttpsサイトをオープンしました。
https://www.iwata-museum.org/
お手数をお掛けいたしますが、よろしくお願いいたします。


2018年7月
展示期間終了
岩田榮吉の世界 モチーフの追求」は展示期間が終了しました。
次回展覧会開催までは閉館しております。ご了承ください。

次回の展覧会は
岩田榮吉の世界 - フェルメールへの憧憬
2018/10/20(土)~2019/1/21(月)
を開催いたします。

2018年7月
岩田榮吉の世界ボタン_s 人物点描に 「マドレーヌ」高田壮一郎との縁 を追加


2018年6月
作家・研究者支援について
横浜本牧絵画館では、志をもって美術創作活動及び研究活動を続けようとされている方々に、制作・研究の成果を公表する場を確保し、また、制作・研究を継続できる環境を確保するための支援を行っています。詳細については 作家・研究者支援 をご覧ください。

2018年6月
岩田榮吉の世界ボタン_s 作品点描に 失われた時を求めて(その2 「レアリテ」の追求) を追加


2018年5月
岩田榮吉の世界ボタン_s 作品点描に 失われた時を求めて(その1 プルーストとの邂逅) を追加


2018年4月
岩田榮吉の世界 モチーフの追求」 平成30年4月14日(土)~平成30年7月16日(月・祝)を開催いたします。
岩田はひらめきだけで直ちにキャンバスに向かって描き始めるタイプの画家ではありません。素描・習作・試作などを積上げて、ようやくキャンバスに向かい、さらなる展開を図ります。
今回は、岩田が残したものから、制作の過程あるいはその足跡を垣間見ることにいたしました。

2018年4月
岩田榮吉の世界ボタン_s 人物点描に 一時帰国のたのしみ を追加


2018年3月
岩田榮吉の世界ボタン_s 作品点描に 《パリの街角》 を追加


2018年2月
岩田榮吉の世界ボタン_s 人物点描に タバコとコーヒーさえあれば を追加

「岩田榮吉の世界」はより一層の内容の充実を図るため、サーバーを換えました。
「このサイトにアクセスできません」等の表示が出る場合は、URLの先頭に「www.」(すべて半角小文字)を付けてアクセスしてください。
ブックマーク等にご登録頂いている方は、お手数をお掛けいたしますが、変更をお願いいたします。


2018年1月
展示期間終了
岩田榮吉の世界Ⅱ」は展示期間が終了いたしました。

次回の展覧会は
岩田榮吉の世界 モチーフの追求
2018/4/14(土)~7/16(月・祝)
を開催いたします。

2018年1月
岩田榮吉の世界ボタン_s 人物点描に <パントル・ド・ラ・レアリテ>と山口健智 を追加


2017年12月
岩田榮吉の世界ボタン_s 作品点描に 《ヴィラ・スーラの緑の部屋》 を追加


2017年11月
岩田榮吉の世界ボタン_s 人物点描に ソードルヴィル城 を追加


2017年10月
展示・催事案内に 岩田榮吉の世界Ⅱ会場の画像 を追加

2017年10月
岩田榮吉の世界ボタン_s 作品点描に 《ダヴィッド》(もうひとつの《薔薇の貴婦人》) を追加

岩田榮吉の世界ボタン_s 英語版ウェブサイト(The Art of Eikichi Iwata) を公開しました。
これにより、日本語版トップページほかのURLが変更になりました。
ブックマーク等にご登録頂いている方は、お手数をお掛けいたしますが、変更をお願いいたします。


2017年9月
岩田榮吉の世界Ⅱ」(平成29年10月22日(日)~平成30年1月28日(日)を開催いたします。
今回は展示作品の過半を入れ替え、「風景」「自画像」「静物」「人形」「トロンプルイユ」の5つのジャンルに分け、構成しました。さらに今回は、岩田の画家としての日常を写した写真資料も展示いたします。

2017年9月
岩田榮吉の世界ボタン_s 作品点描に 《薔薇の貴婦人》 を追加


2017年8月
展示期間終了
岩田榮吉の世界Ⅰ」は展示期間が終了いたしました。
次回は10月下旬から開館いたします。

2017年8月
岩田榮吉の世界ボタン_s 作品点描に 《招待》 を追加


2017年7月
アクセス・利用案内PDFの地図 を追加

2017年7月
岩田榮吉の世界ボタン_s 人物点描に 伊藤廉先生 を追加


2017年6月
展示・催事案内に 他館の展示 を追加

2017年6月
岩田榮吉の世界ボタン_s 作品点描に 《ナルシス》 を追加


2017年5月
展示・催事案内に 会場の画像 を追加

2017年5月
岩田榮吉の世界ボタン_s 作品点描に 岩田の油彩画技法 (その4 グラッシ) を追加


2017年4月
サイトを公開

2017年4月
岩田榮吉の世界ボタン_s 作品点描に 岩田の油彩画技法 (その3 溶剤と絵具層形成) を追加



ナビゲーション

バナースペース