本文へスキップ
横浜本牧絵画館ロゴ

これまでの展覧会

『長谷川潔から岩田榮吉へ/静寂の形象(かたち)』
2020年5月30日(土)~8月10日(月・祝)


長谷川潔から岩田榮吉へ 静寂の形象(かたち)

静寂の形象(かたち)について
横浜本牧絵画館のメインコレクション作家岩田榮吉は、生涯にわたり銅版画家・長谷川潔に私淑しました。長谷川は古い銅版画の技法である「マニエール・ノワール(メゾチント)」をわがものとして復活させ、とくにその世界観を反映した静物画で知られます。厳しい選択を経たモチーフ、様々な意味を与えられたオブジェ、伝統を踏まえ考えぬかれた構図、そして何より岩田が敬愛したのは、長谷川の作品に見られる「静けさ」とそこから垣間見える高潔な芸術家の生き方でした。この静けさはただ無音の状態というばかりではなく、また穏やかな湿り気を帯びているでもない、といって重苦しい沈黙でもない、凛とした潔さに満ちたまさに「静寂」の世界なのです。

会期   2020年5月30日(土)~8月10日(月・祝)
開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日  毎週火曜日
観覧料  500円(保護者同伴の中学生以下は無料)
主催   一般財団法人 横浜本牧絵画館

「長谷川潔から岩田榮吉へ/静寂の形象」展チラシ



会場の様子

会場入口
会場入口

会場の様子
会場の様子

世界の出来事と長谷川・岩田の歩み
世界の出来事と長谷川・岩田の歩み


「長谷川潔から岩田榮吉へ/静寂の形象」展の見どころをご覧ください



トップ What's New 設立背景 収蔵品 展示案内 作家支援 アクセス サイトマップ

ナビゲーション

バナースペース