本文へスキップ
横浜本牧絵画館ロゴ

展示・催事案内


「岩田榮吉の世界 - フェルメールへの憧憬」

当館では、これまで様々な角度から「岩田榮吉の世界」をご紹介してまいりましたが、このたびは岩田がもっとも尊敬し、影響を受けたフェルメールとの関わりを基軸とした展示を行います。
今日のように、広くフェルメールが知られていなかった1950年代末から、その足跡を追い、そして学んだ日本人画家の一人が岩田榮吉です。その時代背景、自作に活かすために学んだポイントなどを手掛かりに、渡仏後1960年代以降の作品を見直します。あわせて、画家仲間うちでも有名だった岩田のフェルメールへの傾倒ぶりを示す参考作品・資料も展示します。

会期      2018年10月20日(土)~2019年1月21日(月)
開館時間    午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
会期中の休館日 毎週火曜日/年末年始(12月28日~1月3日)
観覧料     500円(保護者同伴の中学生以下は無料)
主催      一般財団法人 横浜本牧絵画館
後援      オランダ王国大使館
オランダ王国大使館

《イーゼルの前の自画像》 1969年
岩田榮吉 《イーゼルの前の自画像》 1969年
油彩/キャンバス 100.0cm×81.0cm 横浜本牧絵画館




展覧会のチラシです。
クリックするとA4サイズ(PDF)になります。


「岩田榮吉の世界 - フェルメールへの憧憬」



会場の様子

《イーゼルの前の自画像》 1969年
《イーゼルの前の自画像》 1969年


展示の一部
展示の一部


フェルメール愛好の足跡
フェルメール愛好の足跡



常設展のお知らせ
常設展示『横浜本牧と絵画』を開始いたしました。『岩田榮吉の世界 - フェルメールへの憧憬』展とともに是非ご観覧ください。



次回展のお知らせ

トロンプルイユの現在(いま) 2019

近年、だまし絵、あるいはトロンプルイユなるものを目にする機会がめっきり多くなりました。中にはT シャツのプリントや工事現場のフェンス、週刊誌のイラストまで。しかし、もともとのトロンプルイユは長い美術の歴史の中に培われた絵画のジャンルです。
当館のメインコレクション作家である岩田榮吉(1929-82)は、ヨーロッパ絵画の伝統である写実的な細密表現を追求し、そのひとつの到達点としてトロンプルイユを手がけました。日本人の画家としては先駆的な存在です。
岩田がフランスで志を同じくした画家たちのグループは現在にまで続き、また日本においても、決して多くはないものの、トロンプルイユを志向する画家たちが、それぞれの境地を開こうとしています。
今回はそうした流れをあらためて振り返り、いささかでも現代のトロンプルイユをめぐる状況を把握したいと思います。そして願わくは、さらに多くの参加を得て、今回の展示のさらなる発展を目のあたりにしたいものです。

会期      2019年4月20日(土)~7月21日(日)
開館時間    午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
会期中の休館日 毎週火曜日
観覧料     500円(保護者同伴の中学生以下は無料)
主催      一般財団法人 横浜本牧絵画館


岩田榮吉 《マヌカン(トロンプルイユ)》 1974年 油彩/キャンバス 116.0cm×73.0cm 笠間日動美術館
岩田榮吉 《マヌカン(トロンプルイユ)》 1974年
油彩/キャンバス 116.0cm×73.0cm 笠間日動美術館




これまでの展覧会についてはこれまでの展覧会でご覧いただけます。

ボタン2


トップページ What's New 設立の背景 収蔵品 展示案内 アクセス サイトマップ

ナビゲーション

バナースペース